パンケーキは種類が豊富

メイン画像

技術ではなくリアル感

最近では食事をする際にまずは料理を撮影する人、「食べる前に撮る」を習慣にしている人は多いのではないでしょうか。
飲食店でも手元のスマートフォンで撮影に勤しむ光景はもはや日常的ですらあります。
自宅で予想外に美味しそうな料理を作れたとき、思わずスマートフォンで撮影して、友達や仕事中のご主人へメールで送信というような状況はもはや現在の主婦の共通経験ではないでしょうか。
上手く作れたことを自慢したいという訳ではなく、手軽に撮影して誰かに伝えるツールが手元にたまたまあるが故に自然ととる行動なのかもしれません。

最近ではほとんどのグルメサイトや口コミサイトで、飲食店側がメニューの情報を写真付きで掲載しています。
そこには店側が撮影した写真以外に、実際にお店へ足を運び料理を食べたお客さんが撮影した写真と感想も投稿されています。
それらの多くはプロのグルメライターやカメラマンよりもそのサイトを見ている一般ユーザーに近い目線で撮影されたり書かれたりしていることが多いため、サイトを見ている人達にはより伝わりやすいものです。

例えばパンケーキを撮影しようとするとき、出来立てのバターがとろける瞬間を撮影するにもプロのように撮影用のパンケーキを何枚も用意できませんから、出たとこ勝負で美味しそうな一瞬をカメラに収めます。
もちろん構図や光の加減などの細部にこだわることはあまりできませんが、それがかえってリアルなパンケーキの美味しそうな姿を捉え、サイトを訪れた人たちにパンケーキを食べたいと思わせることに成功するのではないでしょうか。

美味しそうな写真を撮る時、もちろん技術があれば完璧な写真が取れるでしょう。
しかしそれだけではなく、リアル感こそが「食べたい」という願望を一層くすぐるのかもしれません。

Menu

top